◆ 「小池氏台頭」「バラまき」「護憲」すべてに関与する公明党

《本記事のポイント》 ・東京都議選を通じて、小池氏の台頭を招いた。 ・骨太の経済政策がない。 ・安全保障政策がない。 10日に公示を迎えた衆院選は、北朝鮮危機の到来、小池百合子東京都知事が代表を務める「希望の党」の登場により、選挙戦の読みが、例年になく難しくなっている。争点となっているのは、長年、議論が封印されていた「憲法改正」と、消費増税による「教育無償化」だ。 少し前まで、誰もが、こうした選挙戦になるとは予想だにしなかったが、この政局をつくった原因は、やはり、自民党と連立を組む公明党の存在が大きいのではないか。 (続きは以下のURLより) http://the-liberty.com/article.php?item_id=13638 ━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆「ふざけるなよ!」 幸福実現党候補者が男に襲われる 12日午後3時ごろ、神奈川県横浜市鶴見区のJR鶴見駅前で、神奈川3区(神奈川区・鶴見区)から立候補している幸福実現党のいき愛子氏が、演説している最中、自転車に乗った男から、突然、棒のようなもので襲われる事件が起きた。 (続きは以下のURLより) http://the-liberty.com/article.php?item_id=13637 ━・━有料記事のご案内━・━ ◆これだけ知っトクNews(10月12日版) 各紙が世論調査「自民過半数」と報道 http://the-liberty.com/artic…

続きを読む

◆ 幸福実現党が、党首討論への参加を断られたおかしな理由

《本記事のポイント》 ・記者クラブの党首討論会に呼ばれる条件は「国会議員5人」「得票率2%」を満たした党。 ・この条件は、政党の定義とは関係がない。公選法に政党の定義はない。 ・公選法を厳密に適用するなら、選挙の公正を害する選挙報道も改めるべき。 テレビや新聞で、衆院選に向けた各党の政策や活動の様子が連日報じられている。 公示を2日後に控えた8日には、日本記者クラブで党首討論会が行われた。 ただ、そこに集まったのは8党の党首のみ。8党以外にも、衆院選に立候補を表明している政党があるが、呼ばれなかった。 (続きは以下のURLより) http://the-liberty.com/article.php?item_id=13639

続きを読む

◆ 教育無償化は「税金使った買収」 うちわ配れば違法、2兆円配れば合法

《本記事のポイント》 ・ 選挙のたびにバラまく自民党は「合法的買収」を行ってきた ・「年金破たん」「借金1100兆円」も買収の結果 ・ 買収のツケとしての消費税増税と不況 民主党政権による「子ども手当」「高校無償化」について、ある政治家がこう批判した。 「民主党政権の本質は社会主義的政権であると言ってもいいと思う。まず給付ありきだ。国から給付をもらおうという堕落した国家への道を踏み出そうとしている」 (続きは以下のURLより) http://the-liberty.com/article.php?item_id=13634 ━・━有料記事のご案内━・━ ◆ベーシックインカムは無責任政党の政策 ―― 鈴木真実哉氏に聞く(3) http://the-liberty.com/article.php?item_id=13632 ◆これだけ知っトクNews(10月11日版) 北朝鮮が新型ICBM開発か 今日本がやるべきは選挙ではない http://the-liberty.com/article.php?item_id=13631 ―――――――――――――――――― ★知っトクNews内容のサンプルはこちら ( http://the-liberty.com/article.php?item_id=10623 ) ―――――――――――――――――― ━━━━━━━━━━━━━━━━ ★[最新号]月刊『ザ・リバティ』11月号のご購…

続きを読む

◆「消費税5%」掲げる政党、報道されず メディアが消す国民の選択肢

《本記事のポイント》 ・「消費減税」を訴える幸福実現党が報じられず、国民に選択肢が示されていない ・ 税金で選挙をする党はメディアに出て、自腹で選挙をする党は出られないおかしさ ・ 情報が伝わらなければ、民主主義は正しく機能しない 衆院選が10日、公示され、11日付各紙は一斉に、各政党の主要政策や党首の演説内容などを伝えた。 「自民・公明」「希望・日本維新の会」「共産・立憲民主・社民」の三つ巴の戦いだと報じているところがほとんどだ。ここで、各紙一面を見比べてみたい。 (続きは以下のURLより) http://the-liberty.com/article.php?item_id=13634

続きを読む

◆ 衆院選・幸福実現党が党本部で記者会見 「国防」と「経済」を公約に掲げる理由

出馬への思いを語る釈量子党首(右)と、江夏正敏政調会長。 幸福実現党は6日、10日公示の衆院選に向けて党本部で記者会見を行い、衆院選公約について記者に説明した。 同党は、公約の主軸を国防と経済に置き、「自分の国は自分で守ろう」「下げよう! 消費税5% 減税こそ、最大の福祉」を掲げている。 国防においては、核シェルターの普及などによる国民保護の徹底、および、自衛隊が国民を守るための体制づくり。そして経済に関しては、消費税5%への引き下げに加え、法人税なども大幅に減税し、規制緩和を敢行することによる、経済成長と所得倍増を訴える。 (続きは以下のURLより) http://the-liberty.com/article.php?item_id=13608 ━・━有料記事のご案内━・━ ◆安倍首相は北朝鮮危機に対応できるか 危機の時代のリーダーとは?(前編) http://the-liberty.com/article.php?item_id=13607 ◆これだけ知っトクNews(10月6日版) 小池氏「首相指名は衆院選終わってから」 政権選択選挙はどこへ? http://the-liberty.com/article.php?item_id=13606 ―――――――――――――――――― ★知っトクNews内容のサンプルはこちら ( http://the-liberty.com/article.php?item_id=10623 ) ―…

続きを読む

◆ 希望公認の民進党議員 約9割が安保法案に反対していた 【一覧あり】

「希望の党」が公認を出している候補者のうち、前民進党議員は第一次公認名簿においては44人だ(新人、元職含めれば110人)。そのうち、2015年に安保法案に反対し、採決を退席・本会議欠席をした候補者は39人と、約9割を占めている。 「希望の党」の公認条件である政策協定書には、「現下の厳しい国際情勢に鑑み、現行の安全保障法制については、憲法にのっとり適切に運用する」とある。 議員39人は、「希望の党」公認のために"踏み絵"を踏み、事実上安保法制を容認したことになる。「議員生活のために政策などいくらでも変える政治家」という謗りは免れない。 (続きは以下のURLより) http://the-liberty.com/article.php?item_id=13609

続きを読む

◆ 台湾民主化の父・李登輝元総統が幸福実現党にメッセージ 「指導者に必要な神への信仰」

中国の圧力に屈せず、台湾の民主化を推し進めた台湾の李登輝元総統――。 その李氏が9月26日、台北市内の私邸・翠山荘にて1時間半にわたって幸福の科学グループと会見。日本と台湾の国交正常化を掲げる幸福実現党にメッセージを送った。 【動画】李登輝元台湾総統が「信仰」を語る~幸福実現党へのメッセージ【ザ・ファクト】 https://www.youtube.com/watch?v=YyHpYnbNETo (続きは以下のURLより) http://the-liberty.com/article.php?item_id=13605

続きを読む